空からの贈りもの~初めての水族館 11~

2020.06.30 00:00|空からの贈りもの 

ぴたっと泣き止んだユノとドンヘを連れてアイスクリーム屋さんに入った


「何味にする?」


「いちご!」
「ばにら!」


「オッケー!」


カップに入れてもらったアイスを持って海が見えるベンチに座った


「ちゃんみん、ありがとぉ!」

「ちゃんみん、ありがとっ!」


にこーっと笑ったふたりにお礼を言われると隣で写真を撮っていたキュヒョンがスマホを下げた


「ん?」


「俺が買ってあげれば良かった・・・」


「くくっ、手柄は俺がもらったよ」


「くそぉ・・・」



「ふふ、アイスありがとうございます!」


笑いながらドンヘのお母さんにお礼を言われて俺たちはまた恥ずかしくなった







港に出入りする遊覧船やタンカーを眺めながらユノとドンヘは足をぷらぷらさせながらご機嫌だ


うん、泣いたままバイバイさせなくて良かった


小さな口を汚しながら30分かけて食べたアイスは最後ほとんど溶けてしまっていたけど、ユノもドンヘも満足そうに食べ終わった



「ゆの、またあおうな!」

「はいっ!どんへ、またあしょんでね」

「うんっ!」


ハイタッチするとふたりとも笑顔で手を振った


本当は淋しいだろうに我慢してるな・・・


「今日は色々と本当にありがとうございました」


ドンヘ親子は駅へ向かって帰っていった







「うぅ・・・どんへ」


「ユーノ!」


「んぅ?」


涙を浮かべたユノの目の前にキュヒョンはショップの袋からアザラシのぬいぐるみを出した


「あらじゃししゃん!あっ、あじゃらししゃん!!」


ユノはアザラシを抱きしめた


「おっ、言えるようになった!」

「ドンヘ効果だな」


「俺はコウテイペンギンなんだー!」


じゃーん!と今度はペンギンのぬいぐるみを取り出した



「きゃーっ♡きゅひょんはぺんじんしゃん!」


「ユノが動物園のお土産にくれたペンギンのお友達にしたよ!」


「あーっ♡んふふ♡おともだち」


「俺のは?」


「は?チャンミナの?欲しかったら自分で買えよ」


「ちぇっ・・・」


「なーんて!チャンミナにもありまーす!」


「きゃーっ♡♡♡」


なぜかユノが跳び跳ねて喜んでる


「ほらよ!」


袋から出てきたのはフグのぬいぐるみ


「え?なんでフグ?」


「可愛いだろ?」


「いやっ、可愛いけども、もっとイルカとかカワウソとかいただろ」


「ふぐ・・・ぶふっ、ふふっ・・・ふぐ・・・ふふっ」


ユノがアザラシのぬいぐるみに顔を埋めて笑い出した


「お!ユノにはウケたじゃん!」


「ほら、ユノ!チャンミンはフグ!」


「きゃーっ♡ちゃんみん、ふぐーっ!!!」


フグにはあんまり納得はいかなかったけど、ユノが笑ったならいいか



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます(〃´ω`〃)
スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

| 2020.07 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

天彩sorairo

Author:天彩sorairo
MNHのお話を書いています(∵*)ε・`)♡

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ